お腹が壊しやすい体になった考えられる4つの原因

お腹の調子が良くない

突然ですが、みなさんのお腹の調子は良いですか?

私は人よりもお腹を下しやすい体質ではないかと不安になることが多いです。

毎日お腹を下すとか、毎日下痢が続くというわけではないのですが、結構頻繁になることが多いのかと自負しています。

そこで、自分なりに何故こんなにもお腹を下しやすい体になってしまったのか?

正解になるのかどうかは不明ですが、自分なりに今までの私生活を含めて考えた内容についてまとめたいと思います。

心当たりのある人は参考までに読んでください。

スクワット3ヶ月毎日20回の効果はどれぐらい?お腹周りも凹むのか?

2018.06.25

ヨガマット滑り止め付きで使いやすい!180cmサイズamazon売れ筋商品!

2018.06.23

毎日ウォーキング40分だけで痩せる5つの方法

2018.06.21

太ったことが大きいかも

私は23歳ぐらいまでは体重64kgぐらいでした。

当時はあまりお腹を下すと言う症状はなかったのですが、27歳ぐらいで80kg近い体重に激太りし、そこからお腹を下すということが多くなった気がするのです。

太ったことが原因なのかわからないのですが、体内に脂肪が付着しすぎて、消化が悪くなってしまったのかと自分なりには原因の一つではないかと思っています。

やっぱり太ることは体調不良にもなりやすいこともあるので、標準体重まで落とさなければと、現在ダイエットに励んでいます。

 

辛いものを食べたあと下しやすい

また、激太りして最初の方は全くわからなったのですが、よくよく思えば辛い食べ物を食べたあと、お腹を壊しやすいということが自分なりにわかった。

よく食べていたもの

  • キムチ鍋
  • 担々麺

今思えば、太った時の原因として、冬の寒い時に週2〜3回以上はキムチ鍋を食べることがあった。

冬だし、飲んで食べてを続けていた。

そして、お腹満腹まで食べたあと、トイレに駆け込みお腹を壊すと日々の繰り返しがそこから始まったのである。

 

食べ過ぎによる消化不良もありえる

キムチ鍋を食べ終えた後、必ず雑炊も食べていたのです。

そりゃ毎週こんな日々が続けば、確実に体調は悪化していくであろうし、消化不良も起こすことが今ならわかります。

当時から私はデスクワークの仕事をしておりましたが、、一切の運動もしなかったのでお腹が壊してく原因の始まりだったかもしれない。

 

食生活の乱れもある

また、私が激太りになった原因は一人暮らしを始めたこともあった。

実家暮らしであれば、バランスのとれた食事を母が作ってくれていたのです。

肉を多めに食べた翌日は魚や大豆類も知らず知らず食べていた。

しかし、一人暮らしを始めると食事バランスが偏ってしまうことが増えるのです。

独身男であれば、好きなものばかり食べてしまう癖がある人もいます。

 

脂っこいもの食べていた

当時は食べに行く以外は野菜を摂取することはありませんでした。

本当に脂っこいものばかり食べて生活していました。

スポンサーリンク

現在もダイエットを始めるまで、脂っこいものばかり食べている食生活だったので、やはりお腹を壊すことが多かった。

脂っこい物を食べることはダメではないですが、食べ方に限度があると自分の中では深く反省しています。

必ず脂っこいもの食べる場合は、野菜を摂るようにバランスを工夫しましょう。

 

内臓脂肪が原因?

お腹を下しやすくなった原因は、太ったこともあり体に内臓脂肪がかなり付いてしまったのかと思っています。

運動もせず、代謝も良くないので、飲み食いばかり続けていれば、食べたものが全て脂肪となり体に吸収していたことも原因の一つかもしれません。

最近は、ダイエットで毎日歩いていることから、徐々に代謝も良くなり、内臓脂肪も徐々に減っている気がしています。

おかげさまでお腹を下す日は次第に減ってきております。

 

有酸素運動で解消する

年齢を重ねると、運動する機会は減ってしまうので、どうしても代謝が悪くなり食事の消化不良も起こしやすい原因になってしまうのではないかと思う。

毎日ウォーキング開始から25日目が経過しようとしていますが、以前よりも下痢になることが減りました。

一日一回はしっかり硬い大が出るので、スッキリ快調に出てくれます。

ストレッチも下痢対策

歩くのが苦手って人は、自宅でストレッチを行うようにしてみてください。

ストレッチを日々することで、血行の促進にも繋がっていきますし、下痢の改善対策にもなっていくはずです。

何もやらないとただただ老化していく傾向になるので、一日20分でもストレッチすることから初めてみてください。

 

人によって体質が違う

お腹を下す原因は人によって違いますね。

私の友人や仕事の同僚たちは、、、

『焼肉を食べた翌日は必ずお腹を下す』

『麺類を食べた後はお腹がキュルキュルになる』

『エアコンを付けたまま寝ると体が冷えてしまって下痢になる』

私も油の強い麺類を食べたあとはお腹が壊れてしまう。

焼肉を食べたあとにお腹を下すのは、あまり焼けていないまま食べているんじゃないのかなっと思いましたが、そんな男もいるってことです。

 

自分で見つけて対策する

お腹が下しやすい食べ物を食べると、下痢になってしまうことがわかっているのであれば、出来るだけ食べないようにすること。

自分が何をやったらどうなるのか?

自分自身の体を知っておくことで、体を壊さずに済む対策になるのです。

私は男性ながら冷え性体質であることも自分ではわかっているので、出来るだけ体を温める食べ物を食べたり、冬であれば、腹巻を巻いて寝るなどの対策を行うようにしています。

少しでも対策することで、防げることがありますので自分のことをよく知っていくことも大切だと思います。

スポンサーリンク




私のおすすめ脂肪燃焼
シボヘール

お腹の脂肪を減らしたい人におすすめのサプリメント!運動しながら使うと効果的だと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です