ガリガリになりたいと男が思う7つの瞬間となるための方法!

ガリガリになりたい

『ガリガリスリム体型になりたいぜ!』

『細マッチョなボディを目指してやる!』

『骨ぐらい細くなってみたい』

 

こんにちは、ダイエットパンダです。

 

私のような太っている人間であれば、一度はガリガリ体型になりたいと思ったことがあるかと思います。(全員とは言いませんが)

 

メタボの人間からすると、ガリガリになると色んなメリットがあるんじゃないかと妄想しちゃっています。

 

私がガリガリになりたいと思った瞬間について述べていこうと思います。

 

ガリガリが羨ましい&憎いですね。笑

 

自分の体を見たとき

私の場合、自分の体を見たときにガリガリに痩せたい!と思います。

 

自分の体を鏡でみたとき、ショックと言うか『ダラシナイ』と自分でも思う瞬間があるのです。

 

お腹周辺の脂肪をみたときは言葉も出ないし。

 

それが自分であると情けなくて辛いですね。

 

そんなときに『本気でガリガリになってみたい!』と強く思う事が出来る瞬間。

 

友達が痩せている

 

私の友達は平均してスリムな細身体型。

 

身長に対して標準ぐらいの体重をキープしている友達ばかりなので、私だけがいつもデブで太った人間。

 

ダイエットパンダ
なんで俺だけでデブでメタボなんだよ?みんな一緒の人間なのに。

 

友達と一緒にいると、恥ずかしくなるし、自分だけなんで太っているんだろうと自問自答してしまうことがある。

 

友達と同じようなガリガリ体型になってカッコよく過ごしたいと感じることがあります。

 

私のように太っている人間からすれば、多少なりそのような願望があるということ。

 

みんながそうとは言いませんが。

 

女性からモテないと感じるとき

ガリガリになりたい!って思う瞬間は私自身がモテないと感じるときです。

 

特に女性からは、恋愛対象として見られることがなくなってしまう。

 

私の友人はハンサムボーイが多いので、異性とは恋愛対象になるケースが多いのですが、私はどうやら女性からキャラクター扱いされてしまっている。苦笑

 

決して嫌われているというわけではないのですが、面白いデブキャラとして見られているということになります。

 

恋愛対象して見られない自分が悔しくて、本気でガリガリになりたいという気持ちになることも多々あります。

 

服を試着したとき

 

私は友達と洋服を買いに行くことが多くあります。

 

友達は気になった服をすぐに試着します。

 

ダイエットパンダ
いいな~そんなタイトに服を着こなせて羨ましい。(心の声)

 

ガリガリでスリムなだけで、試着する大半を着こなすことが出来てしまう友人。

 

私の場合は対照的に、自分が着たいと思った服がサイズが入らなくて着れないというパターン。

 

Tシャツ、ジャケット、パンツなど。

 

自分が着たいサイズ感で着用しても、ウエストが回らなかったり、胸囲、首回りが苦しくて着れなくなったり。

 

ブランドによっては、それ以上のサイズを用意されていなかったりします。

 

太っているって本当にデメリットが多いんだな~っと思う。

スポンサーリンク

 

ガリガリになれば、タイトに服を着こなし、カッコよくファッションを楽しみ事が出来るんだろうな~という嫉妬。

 

海に行ったとき

私がガリガリになりたいランキング上位は海に行ったときです。

 

海って基本的に素肌を見せる・見られる時間が自然に多くなります。

 

自分の見っともないお腹、脂肪が付きまくなった背中のお肉。

 

自分の太ったボディを、男性女性に恥ずかしい姿をわざわざ公開している。

 

これほど過酷なことはありません。

 

友達はみんな痩せているから、海が楽しくて仕方ないと思うのですが、私は太った体を見せるのは辛いと感じます。

 

太ってから2年目以降は海に行くことは止めることにしました。

 

友人との付き合いも大事ですが、自分の行きたくない場所に行く必要はないと感じています。

 

ただ、太った状態で海に行ったことがきっかけで、本気でガリガリになってやるという気持ちにさせてくれました。

 

人前に出るとき

仕事のプレゼン、プライベートの交流会など。

何らかの形で人前に出るケースが私にはあります。

 

人前に立って話すという事は、それだけ視線が注目されているわけです。

 

イコール=私自身の体型も人前で見られているということです。

 

『あの人、顔がパンパンだよね』

『ベルトしっかりしまってないじゃん笑』

 

など、時々ヒソヒソ話で聞こえてきた過去があります。

 

やっぱり太っていると思われているんだ~っと認識した私は、ガリガリになってやろうと思わせてくれる瞬間でした。

 

 

太っていると言われたとき

一番シンプルに直球で、

『あなたは太っています。』

と言われたときに、痩せてガリガリになろうと思う瞬間でした。

 

会社って時々、平気で失礼なことを言う人がいませんか?

 

人が傷つくことが解っていて、物事を言ってくる人。

 

私はそんな人に『太っている』とダイレクトに言われたことがあります。

 

本当だから何も言い返せなかった。。。

 

だけど、そんな嫌な人のおかげで、『ガリガリになって絶対に見返してやろう!』と言う気持ちを芽生えさせてくれました。

3ヶ月でマイナス10kg痩せたダイエット方法を公開【実体験・経験談ブログ】

2018.08.08

ガリガリになるには原動力が必要

 

私のような太った人間が、ガリガリになりたいと思うには原動力が必要だと思います。

 

  • 実体験で人に嫌なことを言われた
  • 私だけが太っている
  • 服をオシャレに着たい
  • 人前でカッコよくいたい

 

人によって、何を目指したいかによって違いはありますが、何らかの原動力が必要です。

 

私は、『太っている』と目の前で言われたことで、絶対に痩せてやるという気持ちが一番強くなりました。

 

見返してやろうという気持ちが、私にとっての原動力です。

 

自分の中に原動となるモノを持っておくと、ダイエットも成功しやすいと個人的には思っています。

 

ガリガリになりたい人はこれからもがんばりましょう。

スポンサーリンク




私のおすすめ脂肪燃焼
シボヘール

お腹の脂肪を減らしたい人におすすめのサプリメント!運動しながら使うと効果的だと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です