急性胃腸炎でお腹が下痢・便秘になったり辛い症状を経験した男性

急性胃腸炎症状は辛い

こんにちは、ダイエットパンダです。

皆様、体調の方はいかがお過ごししていますか?

日本では、12月~3月ぐらいまでは、毎年のようにインフルエンザ、ノロウィルスが流行しておりますね。

くれぐれも体調には気を付けてくださいね。

 

そんな私ですが、先週まではインフルエンザA型に感染していたのですが、なんと今週は急性胃腸炎というウイルス性の風邪みたいなものに感染しちゃいました。^^;

 

ダイエットパンダ
インフルエンザが治った1週間後に、急性胃腸炎になるなんて本当に付いておりません。

 

  • なんで急に急性胃腸炎になってしまったのか?
  • 具体的にどのような症状になったのか?

 

私が今回体験した急性胃腸炎について備忘ログしておきたいと思います。

 

急性胃腸炎になったと考えられる原因

冷え性対策

私が今回、急性胃腸炎になったと考えられる原因はいくつかございます。

自分で見解してみた範囲をまとめてみましょう。

 

新年会が続いた

私はインフルエンザが治った直後、会社、友人関係との新年会の約束が詰まっていた。

飲み食いする機会が連続4日間も続くこともあった。

 

病み上がりなのに、いきなり食べ過ぎ飲み過ぎになってしまったことが原因で急性胃腸炎になったのかもしれない。

 

免疫がまだ回復しきっていない

インフルエンザで熱が下がっていても、実際に体調が回復するまでは10日間ぐらいの日数がいるでしょう。

10日間も経過していないのに、脂っこいものを食べたり、調子に乗って色んなものを食べていました。

 

免疫がしっかりと回復していない状態で、いろんなものを口に含んだあまり、急性胃腸炎になってしまったのかもしれません。

 

生の牡蠣を食べた(これが原因かも!)

また、私が急性胃腸炎になったと考えられる最大の要因は、友人との新年会で生牡蠣を食べたことが原因かもしれない!

新年だから美味しい物を食べようと、生牡蠣を注文しました!

食べると最高に美味しいです。

 

注目!
しかし、生牡蠣は急性胃腸炎になりやすいとネットにも情報があったので、おそらく牡蠣が当たってしまったのかもと思うばかり。

 

もう寒い時期に生牡蠣を食べるのは止めようと思いました。笑

 

急性胃腸炎の症状は?

ストレスで太る痩せる男性

人によって急性胃腸炎の症状は違うと思いますが、私が今回体験した内容は下記。

 

突然、嘔吐になった

お昼ご飯にカレーを食べました。

ランチ後、仕事をしていると、突然、胸辺りが気持ち悪くなり、トイレに駆けつける。

トイレに入るなり、耐えきれないまま、嘔吐で食べたカレーが出てしまった。

 

カレーでも当たってしまったのか?っと思いましたが、カレーを食べただけでこんなに吐いたことはない。

 

もう一度トイレへ

吐いたからラクになったと思ったら、まだ胸のあたりが気持ち悪く、もう一度トイレへ駆け込み嘔吐する。

スポンサーリンク

さすがにこれはおかしいと思い、仕事を早退させていただくことにする。

 

自宅でも嘔吐を繰り返す

自宅に帰ってくるなり、本格的に気分が悪くなり、何度もトイレに駆け込み嘔吐を繰り返す。

これって何だろう?って一瞬怖くなるぐらいに嘔吐するのです。

 

熱が38.5度まで上がった

そして、手足が異常に寒気を感じるので体温を測ったところ、37.5度もあった。

微熱だからすぐに治るだろうと思っていたのですが、夜にもう一度体温を測ると38.5度になっていた。

38.5度にもなると意識がもうろうする感じになりますね。

 

丸1日で熱は下がった

やがて、朝になると体温はまた37.5度まで下がっていました。

体温は下がっても症状が気になるので、病院へ朝一で駆け付けた。

先生に、『下痢になって、嘔吐して熱が出て、、、』と色々伝えた。

すると、先生は

『はい、それは急性のウィルス性胃腸炎ですね!』っとあっさり診断してきました。

『この時期は本当に流行っていますからね。とりあえず点滴しましょう!明日には大分ラクになっていますよ!』っと言ってくれた。

 

点滴を済ませると熱も36.5の平熱に戻っていました。

 

熱は下がったけど、気持ち長引いた

私の場合、熱と下痢はすぐに治りましたが、他の症状が少し長引いた気がします。

6日間ぐらい便秘になった

急性胃腸炎にかかってから、6日間前後の便秘状態になってしまったのです。

体調が回復してくると、ご飯も普通の量を食べることが出来ます。

しかし、便で排出出来ないので、お腹が張ったり気持ち悪くなることもしばしばありました。

まだ、完全にウイルスが抜けていないんだろうな~って思いながら。

 

便秘とか全くならない私にとっては、結構つらい6日間でした。

 

咳が地味に出ていた

急性胃腸炎だから、咳、鼻水は出ないと言いますが、私は喉が少し痛くなり、咳が時々出ていました。

これも急性胃腸炎の症状の一つだろうと思いながら。

風邪ほどの咳が出るわけではありませんけど、地味に咳が長引いておりました。

 

まとめ

  • 私が体験した急性胃腸炎は想像以上に辛かったです。
  • とにかく1~2日目は何も食べれない
  • 食べるとすぐに嘔吐してしまう
  • 38度ぐらいの熱が出た
  • 水分だけは小まめに取るように病院の先生に言われた
  • 熱は1日程度で下がった
  • 便秘になってしまった
  • 咳も時々出ていた

 

人によって症状に違いはあると思いますが、私が経験した急性胃腸炎はこんな感じでした。

一番つらかったのは、初日の嘔吐です。

もう出ないよ!って言ってるのに、嘔吐する自分が辛かった。

 

急性胃腸炎にならないように気を付けるためには、とにかく手洗いうがいという当たり前のことをやり続けることですね。

皆さんも体調管理にはくれぐれも気を付けてください。

 

 

 

スポンサーリンク




私のおすすめ脂肪燃焼
シボヘール

お腹の脂肪を減らしたい人におすすめのサプリメント!運動しながら使うと効果的だと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です